2008年02月10日

過去問にみる就職試験作文のお題

就職の作文を書く時にはどのような事に気をつければ良いのでしょうか。

作文にはお題が提示されますが、出題者の意図は別なところにあるようです。

少子高齢化について、責任と義務について、好きな言葉について、尊敬する人について、志望動機とこれからの希望などの題材で書くことが一般的です。

その職種や社会問題的な要素を含めながら、名詞1つを出してそれに関わるものを書いてもらうか、生き方や考え方や展望など、自分自身や会社に関して記述させるというものが大半です。

プロのような素晴らしい論文を書かせようとしているものではありません。

意味が通る文章を書けるということくらいは、満たさなければならない要件です。

しかし、作家になるわけではないのですから読み手である人事担当者を唸らせる様なものを書く必要はないのです。
posted by curry-nabe at 14:07| 就職試験作文・論文の書き方

2008年02月02日

自分の特性やアピールポインの把握が重要

就職試験での作文は、どんな点に気をつけるべきでしょう。

作文を通して自分の個性を伝え、希望の動機や考え方などを相手に伝えることが作文の目的です。

就職作文を書くためには、自分の特性やアピールポイントを把握しておく必要があります。

それでは一体どんな構成、どんな流れで書いていけば、自己分析のできた、不採用にならない就職作文が書けるのでしょうか。

作文で踏まえるべき題に沿って、自分の考えている内容や主張を単純でもはっきりと書きましょう。

全く違う意見を言われても、なお自分の意見を押し通せるような強度のある論が構築されていれば、採用試験で提出できる作文になっています。
posted by curry-nabe at 14:07| 就職試験作文・論文の書き方

2008年01月24日

採用されやすい作文の書き方

会社側が作文を求める時は、テーマへの造詣の度合いを測りたいわけではありません。

就職試験での作文で折り込むことは、就職できたらその会社で精一杯頑張り、真摯に働いて、社内の和を重んじ同僚や上司に敬意を持って接するというその一点です。

どんなテーマを提示されても、どんな条件がついていても、重要な点はこれに尽きます。

採用されやすい作文を書くには、将来設計をテーマにした時でも守りに入った内容より、積極性があり挑戦へのモチベーションがあることを主張します。

作文を通して主張する考えは何でもいいとされていても、会社が期待しているものは別なところにあることは認識しておきたいものです。

作文でどんなことを書けば就職がうまくいくかを把握しておくことで、自信を持って試験会場に向かえるでしょう。

観光ホテル・旅館の格安宿泊予約
posted by curry-nabe at 14:07| 就職試験作文・論文の書き方

2008年01月15日

就職試験作文の意味

何故、就職の作文が就職試験にあるのでしょうか。

就職の作文を実施する理由の1つは、文章からにじみ出る人柄を見る為です。

文章には、その人のオリジナル要素がどうしても見え隠れします。

自己アピールのために書かれた作文であれば、言うまでもありまん。

履歴書と作文とで書類審査に使うという会社もあります。

就職希望者が多く、採用人数もそれなりとなる大きな企業の場合、希望者全員と面談するだけでも大変です。

就職試験で作文があるのは、文章を通してどんな人物かを採用者側が知りたいと考えているからです。
posted by curry-nabe at 14:07| 就職試験作文・論文の書き方

2007年12月26日

就職作文を書くときの注意点

就職試験に作文課題が出た場合、どんな文章を書けば採用されやすいでしょうか。

まずは自己中心的な姿勢を述べたり、会社へ入ったら車を買おうとか、海外旅行へ行こう等の仕事と無縁な内容の文章構成を決してしないように注意しましょう。

作文で会社側の望むことと正反対の方向性で文章を書いては、採用が遠のくことにもなります。

この他、就職作文に限らず文章を作成する時には、誰が読んでも意味の通る文章を心がけましょう。

わかりやすい文章という事自体が曖昧な表現でわかりにくいという指摘を受けるかもしれません。

ですが、わかりやすい文章とはそう難しいことではなく、難しい表現や不適切な表現を避け、慣れない知識を使わないということです。

これは珍しい話ではありませんが、知っていることが関わると専門的な用語や他人は知らない考え方をひけらかしたくなる人は時折います。

ですが、就職試験の作文でそういったことを書いていては、担当者の読む気をくじくだけでなく、読んですらもらえない場合も考えられます。

誰もが知っている様な言葉を用いて、平易な言葉遣いで書くよう注意しましょう。

難しい言葉を使わないと知識レベルが低いと判断されないかと感じる方もいるようですが、杞憂です。

読み手のことを考えるからこそ、誰にでもわかりやすい作文になっていると思われるものです。

他者の立場を考えるその姿勢が、社内や顧客に臨機応変に対応できる人柄を表していることにもなるのです。
posted by curry-nabe at 15:16| 就職試験作文・論文の書き方